日本最西端の島、与那国島。遠く離れた島はそれゆえに、家づくりも島人みんなの仕事。寄り合い、助け合い、暮らしの夢を共にしたのです。その先代から継いだ心は「家は人をつなぐ社会の財産」であるということ。そして今も私たちには、与那国島の家づくりの血潮が流れています。一緒に夢見る、一緒に作る、米元建設工業です。